ハート出版 読者の声

ハート出版 読者の声トップ > 竹林はるか遠く > 軍服をぬぎ引揚者として逃亡(青森県 男性 96歳)

軍服をぬぎ引揚者として逃亡(青森県 男性 96歳)

私は昭和19年4月、満鉄職員であったが予備中尉だったので招集され、鉄道隊の中隊長として朝鮮の鉄道地盤工事に従事しました。
部隊長の好意により満州から家内を呼ぶことができました。終戦で鉄道隊は、北からの引揚列車がスムースに南下するよう朝鮮の鉄道職員を激励する任務で、私の中隊は北鮮?星隊に駐留しました。
ソ聯が8月26日38度線に進駐したため、それを越え「龍山」の本部に帰りました。
当時、家内が身重でいつ出産するかわからず、軍服をぬぎ引揚者として逃亡しました。家内は内地に来て2週間後に出産しました。引揚げの記録を本に発表しました。

竹林はるか遠く
竹林はるか遠く


  1. 竹林はるか遠く
ハート出版
児童書、健康書、スピリチュアル等の書籍を発行しています。

Author:ハートブック
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
リンク集2
RSSリンクの表示
QRコード
QR