ハート出版 読者の声

ハート出版 読者の声トップ > スポンサー広告 > 日本人らしい立ち居振る舞いを忘れてはならない(北海道 男性 65歳)ハート出版 読者の声トップ > 日本軍は本当に「残虐」だったのか > 日本人らしい立ち居振る舞いを忘れてはならない(北海道 男性 65歳)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

日本人らしい立ち居振る舞いを忘れてはならない(北海道 男性 65歳)

丸谷様へ。
丸谷さんのおっしゃる通り、常に他者への敬意をもって日本人らしい立ち居振る舞いを忘れてはならないと、私も思います。
日本軍司令官で、①ビルマ銀司令官:片村中将、②マレー軍司令官:石黒中将、③ブーゲンビル軍司令官:神田中将、④漢口軍司令官:落合県五中将、⑤支那派遣軍憲兵隊総司令官:大野中将、⑥北京軍司令官:根本中将、⑦江蘇省兵団長:小林中将、他、これらの司令官は、すべての人間を「神の子」なる生長の家の哲学を信じ、原住民にも、捕虜にも親切丁寧を極め、戦争の惨禍を少なくするに貢献し、一人として戦犯者を出していません。
この様なすばらしい司令官がたくさんおられますので、何かの時に思い出して頂ければ幸いです。生長の家の宣伝ではありませんので、よろしくお願い申し上げます。
また、ヨーロッパ戦線で勝利を得た民族は、日本民族です。日系2世のアメリカ人(第百大隊、四四二部隊)



日本軍は本当に「残虐」だったのか
日本軍は本当に「残虐」だったのか

  1. 日本軍は本当に「残虐」だったのか
ハート出版
児童書、健康書、スピリチュアル等の書籍を発行しています。

ハートブック

Author:ハートブック
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
リンク集2
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。