ハート出版 読者の声

ハート出版 読者の声トップ > 竹林はるか遠く > 母は兄を平壌の山に葬った(山口県 女性 55歳)

母は兄を平壌の山に葬った(山口県 女性 55歳)

今年91歳になる私の母は平壌に住んでおりました。
戦後、引き揚げる時に、生まれて8ヶ月の兄が亡くなり、現在の北朝鮮の山に葬ったと聞いています。家の墓には爪と毛髪と服だけ入れてあるそうです。
父はソ連に抑留され、母はどんなに心細い想いをして帰ってくれたのか…。言葉につくせないものがあったに違いありません。よくぞ帰ってきてくれましたと、母には感謝しております。
母はいろいろな人の助けがあり、博多へ着いた時の安堵した思いは、この本と同じように思いました。しかし、著者の川嶋さんは幼くて、もっと遠い所から大変なご苦労をされ、帰国後も大変のようで、本当に胸が痛みました。
人としての良識を持って、誇りを持って生きてこられ、人の恩に報いる姿は、子や孫に伝えるべき事だと思います。どうか、お元気でお過ごし下さいませ。
そして、続編も読みたく思っておりますので、日本語訳の本を出版してくださいませ。


竹林はるか遠く竹林はるか遠く


  1. 竹林はるか遠く
ハート出版
児童書、健康書、スピリチュアル等の書籍を発行しています。

ハートブック

Author:ハートブック
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
リンク集2
RSSリンクの表示
QRコード
QR