ハート出版 読者の声

ハート出版 読者の声トップ > 2016年05月

「源九郎稲荷神社!」の話、最高です(女性 53歳)

ありがたいだけでなく、おもしろすぎます。「源九郎稲荷神社!」の話、最高です。
東京へいらした時、行ってみてほしい所があります。
・多摩川浅間神社(景色がいいのか、気がいいのか)
・目黒駅そば「池田山公園」とねむの木の庭。こちらはひっそりとした所なので、ブログなどにのせるのかどうかの判断はおまかせします。いつ行っても東京とは思えないさわやかな風が吹いています。風の谷? って感じです。
東京の大好きな所です。識子さんが何を感じるか伺ってみたいです。龍穴だということですが……。418号線側から行くとわかりやすいです。

神さまと繋がる神社仏閣めぐり
神さまと繋がる神社仏閣めぐり



  1. 神さまと繋がる神社仏閣めぐり

自分が日本人であることを強く意識(愛知県 男性 60歳)

桜井識子さんの4冊の本のおかげで、それまで年に一度しか行なわなかった神棚の手入れを月2回行なうようになりました。不思議なことに、その神棚の手入れをしている時、自分が日本人であることを強く意識しています。ハート出版に希望する企画があります。ぜひ、桜井さんと森岡万貴さんとのコラボによる本を出してください。

神さまと繋がる神社仏閣めぐり
神さまと繋がる神社仏閣めぐり


  1. 神さまと繋がる神社仏閣めぐり

行けそうな所が多くて嬉しい(神奈川県 女性 44歳)

桜井識子さんの本は出るたびに読んでいます。ブログは拝見していません。識子さんの本を読んで、昨年、熊野に行ってきました。
今回の本は関東なので、行けそうな所が多くて嬉しいです。次は大山に登ってみたいです。三峯神社の子狼にもいつか会いに行きたいです。

神さまと繋がる神社仏閣めぐり
神さまと繋がる神社仏閣めぐり


  1. 神さまと繋がる神社仏閣めぐり

奈良県の春日大社に行ってきました

前略 いつも楽しいお話を有難うございます。先日、奈良県の春日大社に行ってきました。最初、識子さんの話をしたのですが、反応がなかったのですが、橿原神宮の神武天皇(カムヤマトイワレビコノミコト)の名前、神功さまの話、精神科医・越智啓子氏の“天照大神の真言”をとなえると、“おお…”と反応して下さいました。ひかえめでとてもよくお笑いになる神様だなぁ…と思いました。
黒龍さんの話をしたら“ホホホ”と笑っておいでてしたよ…。また新しい本を待っています。ありがとう。


神さまと繋がる神社仏閣めぐり
神さまと繋がる神社仏閣めぐり


  1. 神さまと繋がる神社仏閣めぐり

神様との距離が近くなった

いつも識子さんのブログ、ご本を楽しみに読んでいます。育った家が新興宗教を信心していた為、今45歳ですが、神仏を拝むのを禁じられて大人になりました。
30歳くらいからスピリチュアルに興味を持って、家で信じていた宗教の活動とはキッパリ縁を切ったのですが、幼い頃から植えつけられてきた価値観で、神社などの参拝は今でも大変キンチョーしてしまいます。でも、識子さんのことを知ってから、少しずつ神社や仏閣にもお参りするようになりました。このようなキッカケをいただけて、とても感謝しています。有り難うございます。
識子さんのご本で知った参拝方法でお参りするようになってから、参拝時に他の方のご祈祷で祝詞を聞かせてもらったり、地元の熊野神社ではカラスが姿を見せてくれたり、神様との距離が近くなって大変嬉しいです。
どうか是非、東北にもいらして下さいね。
どうかお体に気をつけて、益々ご活躍なさいますように。感謝をこめて。

ひっそりとスピリチュアルしています
ひっそりとスピリチュアルしています


  1. ひっそりとスピリチュアルしています

英霊の方々に感謝せねばならない(鹿児島県 男性 25歳)


この本を読んで、なぜ特攻作戦をせねばならなかったのか、特攻隊員の願い、そして特攻が成果を上げて成功していった理由が分かりました。今の日本人はもっと特攻隊をはじめとする英霊の方々に感謝せねばならないと思います。
あの時、命を捨てて戦った英霊さん達の犠牲の上に今の日本の平和があることを私たちは絶対に忘れてはならないと思いました。
最後になりますが、知覧特攻平和観音堂と万世特攻慰霊碑を拝むことができて本当に良かったと思っています。吉本先生、有難うございました。


若者たちはなぜ特攻を選んだのか

若者たちはなぜ特攻を選んだのか


  1. 若者たちはなぜ特攻を選んだのか

日本がしなければならない件(福岡県 男性 67歳)

日本がしなければならない件
(1)日本の歴史の一本化
(2)中米韓からの指示は一切受け付けない
(3)英語より、日本の言語、文化(マナー含)等を小中学生に教える
(4)アメリカ軍占領地、空域を返還
(5)国連の改革

戦争犯罪国はアメリカだった
戦争犯罪国はアメリカだった



  1. 戦争犯罪国はアメリカだった!

英国人記者がよく調査して教えてくれた(東京都 男性 79歳)


「英国人ジャーナリストが見た現代日本史の真実」で「毛沢東」(中公新書)も知った。「アメリカの鏡・日本」も読んでいたし、何か変だと思っていたが、英国人記者がよく調査して教えてくれた。だが、気弱な日本人は物を言わずに死んでいく。悲しいけど。

戦争犯罪国はアメリカだった
戦争犯罪国はアメリカだった


  1. 戦争犯罪国はアメリカだった!

日本人の誰もが語れなかった事を一気に語ってくれた(石川県 男性 61歳)

著者のヘンリー・S・ストークス氏に感謝します。日本人の誰もが語れなかった事を一気に語ってくれました。ありがとうございます。大東亜戦争開戦から終戦に至るまでの本に、これまですっきりとしない部分がありましたが、この本でスッキリしました。

戦争犯罪国はアメリカだった
戦争犯罪国はアメリカだった


  1. 戦争犯罪国はアメリカだった!

日頃の溜飲を大いに下げてくれた(静岡県 男性 74歳)

ヘンリー・S・ストークス氏のファンです。本書は日頃の溜飲を大いに下げてくれました。予てより覇権国アメリカが一大国になり下がってしまい、次はイギリス(ポンド)→アメリカ(ドル)? ある意味で日本(円)に期待していますので。

戦争犯罪国はアメリカだった
戦争犯罪国はアメリカだった


  1. 戦争犯罪国はアメリカだった!
ハート出版
児童書、健康書、スピリチュアル等の書籍を発行しています。

Author:ハートブック
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
リンク集2
RSSリンクの表示
QRコード
QR