ハート出版 読者の声

ハート出版 読者の声トップ > 2010年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

仲間への愛を感じる内容に感動(宮城県 女性 47歳)

3歳の娘に読み聞かせ絵本として購入しました。他人への思いやり、仲間への愛を感じる内容に感動しました。今の世の中に忘れ去られた感情ですよね。人間に生まれて、とても大切な感情なのに。私自身も反省させられる内容で、自己中心的感情はダメなのだと痛感します。娘には、愛という言葉を教えていきたいと思います。

えほん・とべないほたる1えほん・とべないほたる1

スポンサーサイト
  1. えほんとべないほたる

予科練は私の一生の宝(神奈川県 男性 82歳)

鶴見駅内の井上書店ターミナル店にて購入しました。家の書棚2架には戦記物で一杯です。甲種飛行科練習生として、茨城県土浦海軍航空隊へ入隊して、昭和20年8月25日に復員した元予科練習生です。昭和19年10月に当時の比島(フィリピン)で、神風特別攻撃隊「敷島隊」関大尉の特攻攻撃に感激して、予科練を志願しました。諸々の資料を現在の土浦予科練資料館へ送付して、予科練ものがたりを賜って貰いました。予科練は私の一生の宝です。

特攻―空母バンカーヒルと二人のカミカゼ特攻―空母バンカーヒルと二人のカミカゼ

  1. 特攻-空母バンカーヒルと二人のカミカゼ

特攻隊員たちの思いは今の世に十分伝わっているか(奈良県 男性 57歳)

特攻―空母バンカーヒルと二人のカミカゼ特攻―空母バンカーヒルと二人のカミカゼ

この本のことは朝日新聞の書評欄/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN= rel="nofollow">朝日新聞の書評欄&linkCode=as2&tag=japan2000-22"で知りました。朝日新聞の書評欄 width=1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /> 書評を読んでもちろん惹かれるものを感じましたが、私の給料に比して高額すぎてすぐに手に入れてという気持ちにはならず、近所の図書館に早く入れてくれないかと思ったりしておりました。 しかし、日が経つにつれだんだん気になり、ネットを検索したりしてこの本のことを紹介してあるサイトの写真や解説を見るにつけだんだんと早く読みたいという気持ちが湧き上がってきました。 書評の掲載された新聞記事は残しておりましたので、もう一度読み直し、さてアマゾンで注文と思ったのですが、なんと定価より高額! 問い合わせると版元で切らしており、古本(!)にプレミアがついているとのこと。出足が遅かったのを悔いましたが、プレミアムのついた本まで買う財力はとてもなくしばらく様子を見ましたが、そのうち供給が始まったようで定価で買うことができました。 値段相応に大部であることに驚きながら、読破するまでには相当な時日がかかるだろうと思いながら読み始めましたが、訳文が読みやすくまた何より内容に引き込まれ、ほんの数日で読了しました。読み終わってからもう1カ月近くなりますが、まだ余韻が残っているような感じがあります。 友人に内容を少し話したところ、是非とも読みたいとのことで今は貸し出し中です。今思っているのは、やはりこの本は私が読むべき本であったということです。 (中略) 長々と私自身のことを書きましたが、このような境遇から私は戦争には一定関心をそらさずに来たつもりです。幼少の頃は恥ずべきことに兵器や戦闘機、戦艦などにうっとりするような視線を向けたことはありましたが、大きくなるにつけそれらのものを使う先に人間がいるという当たり前の現実に気がつくようになりました。そんなこともわからなかったのかと恥ずかしい限りですが、私は戦死者二人を出した家にもかかわらずそんな子どもでした。 長崎、広島の原爆記念館、長野県の無言館など戦争にまつわる施設を訪問するたび日本人として戦争のもたらした災禍に眼を被いたくなるような思いと共に、このような無謀な戦争へと駆り立てていった軍部・政治・風潮といったものへの言いしれぬ怒りのようなものが湧き上がってくる思いがします。そして、私の思考はこの辺で止まっていたのです。つまり、日本人としての戦争への思いから抜け出ることはなかったのです。 それを目を覚まさせてくれたのが貴社出版のこの本でした。 特攻はだれでも知っていることばですが、これは日本の若い青年達が戦争末期の配色濃い中、軍上層部のやけくそのような作戦へと駆り出され、あたら若い命を散らしていったとしか私の認識にはありませんでした。私の関心はその戦果へと向くことはありませんでした。私は何千人もの若い命がただただ敵軍の放火の前にむなしく散っていくのみであったとしか思っていませんでした。しかし、それが空母バンカーヒルにこのような大被害を与え、多数の戦死者負傷者を出したことに驚きを禁じ得ません。 ただ私の心には悪魔が住んでいることも告白せねばなりません。本書がついに空母への体当たり攻撃を記述し始め、それが成功して安則盛三と小川清が恐ろしいまでの戦果を上げることになったとき、それを誉めそやす気持ちが頭をもたげるのを抑えることができませんでした。 敵も味方もない、戦争というものを忌避しなければならない、そういう立場になかなか立てない私がいます。日本の側に立ってしかものを考えられない。爆撃で非戦闘員にまで大きな犠牲を強いたアメリカを恨む気持ちもあります。 それでもこの本は私の心を全くの内向きから大きく外へと眼を向けさせてくれました。日本と日本人に大きな災禍をもたらしたのはもちろん事実だが、勝者とはいえアメリカとその人民も大きな犠牲を払ったのであると。 映画プライベートライアンではノルマンジーでの上陸作戦が描かれています。ドイツ軍の機関銃がなぎ倒す上陸軍兵士。浜辺を埋め尽くすほどおびただしいまでの戦死者の群れ。そして、場面は一転アメリカ本土。多数の女性タイピストが打っているのは戦死を知らせる手紙。一人の兵士の死がどれほどの人を悲しませるのでしょうか。 親兄弟親戚知り合い同級生恩師隣近所地域の人々。国別に数十万数百万数千万人と戦死者の統計はあっても、その戦死者を悼む悲しみの統計はないのです。 先の大戦で世界中でどれほどの戦死者を出し、それが一体どれほどの悲しみを生んだのか。だれにも答えられない。 この世界から戦争をなくさねばならない。だれもが言うことではありますが、その視点として内向きでばかりあってはいけない、とこの作者は自国はもちろん日本でも精力的な取材活動をし、この著述を完成させてくれた。ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。 特攻の隊員達は、自分たちは命を散らすことになってもそれが祖国の後の発展のために必ず役に立つと信じて、自分を納得させ出撃していきました。国と人民に尽くすのが使命と信じて疑うことがありませんでした。 私の伯父も先の遺書の別の部分で「わが民族発展のため一命なんぞ惜しまざらん」と決意を述べています。そうした人達の犠牲の上に今の発展した姿があるのです。 しかし、残念なことにそうした人達の思いが今の世の中に十分伝わっているのか、というと肯定しがたいものがあります。 私たちは65年という時日を経てもなお、そこに未だ汲み取るべきことを残したままなのかもしれません。
  1. 特攻-空母バンカーヒルと二人のカミカゼ

死を意識したときの選択肢を知りたくて巡り合った本(東京都 女性 51歳)

奥井先生、去年、濾胞性悪性リンパ腫の診断を受け、再発の兆しもあり、予想より遠くない時期に「死を意識」したとき、自分はどういう状況になるのか、どういう選択肢があるのか、あらかじめ知りたいと願い、この本に巡りあいました。治癒をめざす医療しか頭にない親に読んでもらうのに最適です。良書をありがとうございました。

あなたらしい最期を生きる本あなたらしい最期を生きる本

  1. あなたらしい最期を生きる本

仲間はやさしい(鹿児島県 小学生女子 10歳)

がんばっているのにとべないホタルをみてとってもかわいそうでした。でも仲間も、なぜとべないのかをかんがえてあげて、やさしいなぁと思いました。

">とべないホタルとべないホタル

  1. とべないホタル

ペットを飼っている者として他人事ではない内容(奈良 主婦 36才)

私の家ではゴールデンレトリーバー(7才)をかっていて、この本を読んで人ごとではないと思いました。この本のレイアちゃんがなぜ死んでしまったか。レイアちゃんを預けたペットショップにすごく怒りがこみ上げました。それに主人公の方がペットロスになって知人や親戚の人たちの心ない言葉。やはり、ほんとうに動物好きで心やさしい人だったらそういう言葉はでないと思います。これからもこのような犬の本まってます。

ペットロスから立ち直るときペットロスから立ち直るとき

  1. ペットロスから立ち直るとき

待合室に置いてあった本(札幌市 主婦 30才)

先日16才で愛犬が急死しました。ペット霊園に行き、骨になるまでの待ち時間、待合室に置いてあったのがこの本でした。どなたかが(最初の持ち主)本の裏表紙にサインペンで「この本に助けられた」と感謝の気持ちを書き、そして次はどなたかへという意味で置いていったようでした。持ち帰るわけにはいかなかったので取り寄せました。一冊、一気に読み上げ、涙がとまりませんでした。

ペットロスから立ち直るときペットロスから立ち直るとき

  1. ペットロスから立ち直るとき

すばらしい本なのに入手困難なのは残念(東京都 女性 42歳)

大学の図書館で借りて読み、すごくよかったので、友人にプレゼントしようと思い、書店やBook-Offに行って探しましたが、なかったので、ネットから見つけて購入しました。このような、すばらしい本を、もっと書店にたくさん(少しでも…)出荷してほしいです。

ペットロスから立ち直るときペットロスから立ち直るとき

  1. ペットロスから立ち直るとき

2010年度の航空戦史最高作品(千葉県 男性 61歳)

七月上旬に本書を購入しまして、読んでおります。空母バンカーヒルが損傷を受けて、その中で乗員たちの艦を回復する必死の作業が描かれてまして、大変感銘を受けました。また日本の特攻隊員にも、正しい評価が与えられていまして、特に最近の航空戦史の本としては、2010年度最高作品であると思います。日本人として著者より勇気をいただいた本です。ケネディさん、ありがとうございます。

特攻―空母バンカーヒルと二人のカミカゼ特攻―空母バンカーヒルと二人のカミカゼ

  1. 特攻-空母バンカーヒルと二人のカミカゼ

日米公正な立場で描かれた記録本(長崎県 男性 67歳)

資料に基づいて詳細に記述している。日本と米国の両方の立場にで公平な見方をしている記録本だと思います。二度と日本は戦争してはいけない。負けるための戦争は無意味で責任が重い。

特攻―空母バンカーヒルと二人のカミカゼ特攻―空母バンカーヒルと二人のカミカゼ

  1. 特攻-空母バンカーヒルと二人のカミカゼ

チャレンジすることはいいこと(東京都 小学生 11歳)

著者さん、いろいろな事にチャレンジしていくことは、いい事だと思います。年下なのに、こんな事いって、ごめんなさい。この本は、とてもいい本ですね。泣いてしまいました!

難病の子猫クロといつもいっしょ難病の子猫クロといつもいっしょ

  1. 難病の子猫クロといつもいっしょ
ハート出版
児童書、健康書、スピリチュアル等の書籍を発行しています。

ハートブック

Author:ハートブック
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
リンク集2
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。