ハート出版 読者の声

ハート出版 読者の声トップ > レッツゴーサフィー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

ボランティアのことを知り驚いた(宮城県 女性)

この本で盲導犬候補の子犬を小学生の子ども達がボランティアなど募金活動を行い盲導犬協会に贈っていたことを知り、びっくりしました。子犬は協会で専門の所から選んでいるとばかり思っていました。林宗弘先生、これからも子ども達といっしょに子犬の贈呈を続けてください。子ども達のためにも、私たちのためにも、お願いします。

レッツゴー・サフィーレッツゴー・サフィー

スポンサーサイト
  1. レッツゴーサフィー

自分の目で見えるよろこび(神奈川県 女性 35才)

私は小学2年時「ライ症候群」という病気(10人に8人は亡くなる)で助かりましたが、「脳」が完全には働いておらず、半分しか使われておらず「ライ症候群」ドクターから「もし助かっても目が見えなくなるかもしれない、足が歩けなくなるかもしれない」とまで言われ、家族みなで泣いたそうです。でも奇跡が起き左利き(左手)で助かり、目(視力は0.1くらい)も見え、足も歩け走れます。でもその「ライ症候群」の脳でくる病気「右同名半盲(みぎどうめいはんもう)」、目からくる病気ではなく、脳からくる病気です。つい最近知り、周りの人にも分かってもらえません。首を動かせば見えるでしょ! そうです私は目・ひとみが黒々と大きくきれいな目と言われ、分かってもらえません。今は精神科神経内科に通っています。この本を読み「右同名半盲」だって、自分の目で半分見えることのありがたさ、自分の目で見えるよろこび、涙が止まりません。もし盲導犬がいたら募金をもっとやります。

レッツゴー・サフィーレッツゴー・サフィー

  1. レッツゴーサフィー
ハート出版
児童書、健康書、スピリチュアル等の書籍を発行しています。

ハートブック

Author:ハートブック
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
リンク集2
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。