ハート出版 読者の声

ハート出版 読者の声トップ > あの世のイヌたちが教えてくれたこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

イヌの気持ちがいつも気になっていた(埼玉県 女性 37歳)

とてもすばらしい本に出合えてよかったです。
私はトリマーをしているのですが、イヌの気持ちがいつも気になっていました。動物の気持ちが聞けるなんて、うらやましいです。でも、普通の人でもイヌの気持ちは分かり合えると書いてあって希望が持てました。
やっぱりそうなんだ! と思う事や、そんなふうに考えていたんだ! と一気に読みました。
またイヌの気持ちが分からなくなったら、この本を読み返してみようと思います。
これからもこんなすばらしい本の出版を期待しています。がんばって下さい!!
ありがとうございました。


あの世のイヌたちが教えてくれたこと
あの世のイヌたちが教えてくれたこと


スポンサーサイト
  1. あの世のイヌたちが教えてくれたこと

彼岸やお盆に帰ってきます(静岡県 女性 46歳)

天国に逝った動物たちからも、なごんでくれます。彼岸やお盆に帰ってきますよね。
とてもいい本が出て、読みたい本を見つけたら買います。


あの世のイヌたちが教えてくれたこと
あの世のイヌたちが教えてくれたこと


  1. あの世のイヌたちが教えてくれたこと

驚きとても感動(福岡県 女性 45歳)

人間と生きる事を犬、猫、馬たちは選んでくれたというのは、驚きとても感動しました。
彼らはとても崇高な存在というのも感じておりました。読むと合点がいくことばかりで、何回も読んでいこうと思います。ありがとうございます。

あの世のイヌたちが教えてくれたこと
あの世のイヌたちが教えてくれたこと


  1. あの世のイヌたちが教えてくれたこと

この本を読んで安心した(広島県 女性 74歳)

40年間、犬と一緒に生活をしていました。最初の犬はミックス犬(19年)、次はラブラドール(12年余)、3頭目はワイヤーホックステリア(12年10ヶ月)、最後はサルーキ(12年4ヶ月)で昨年9月に死亡。
どの犬も私の大切な家族でした。(全部、室内犬でした)今はあの子達の思い出と語り乍ら毎日を過ごしています。
この本を読んで、今迄の犬達と一緒の生活の仕方はまちがっていなかったが、もう少しわからない部分があった事が残念です。
この本を読んで安心したのは、多分4匹の犬達が天国で一緒にくらしているだろうと思っています。
今は自分が高齢の為、もう次の犬を飼うことは出来ません。私が病気に成ったり、出かけたりする時に誰もみてくれる者がいないから、今迄の思い出を大切になつかしく生活をしています。
この本を読んでとても良かったです。

<

あの世のイヌたちが教えてくれたこと
あの世のイヌたちが教えてくれたこと


  1. あの世のイヌたちが教えてくれたこと

そのどれもが私の思う事(東京都 女性 78歳)

素敵な一冊、そのどれもが私の思う事でした。
今、私の処にはシェルティの女の子、モカ(4月に2才)が居ます。実は彼女でシェルティは三人目、前者二名の子は4軒の家をたらいまわしにされ、わが家に来た時は、ここに安住できるのか不安におびえ、寝ず、食せず、排泄もせず、片隅で震える子でした。
一ヶ月位たった時、彼は突然、胸に飛び込んで来ました。それから二年程して娘が生まれると、まるで母親、四年たって息子が生まれると二人を立派に育て、遊び相手や叱ったりして子育てに参加、二人の子は彼をオニイチャンと呼びました。
次のシェルティは女の子、遺伝である為、ひどい出っ歯、鼻が曲がっていたのですが、本の中にある様に、掛かり付けの獣医が「あなたにしか育てられない」と、そして犬たちは天使が天界にいて、あの家に降りて行きなさい、大切にしてくれるから等の甘言。しかし、やさしく、素晴らしい毛並みとモーレツな母性本能を持った子でした。
亡くなった主人のそばにいて、ふたりが家の門の処に居たのを観たという人がいました。そして新盆には玄関から爪の音を立て、トイレ、風呂場そして主人の布団にと会いに来てくれました。



あの世のイヌたちが教えてくれたこと

あの世のイヌたちが教えてくれたこと


  1. あの世のイヌたちが教えてくれたこと

この本を読んで前向きになれた(青森県 女性 53歳)

昨年1月に愛犬を亡くした私は今やっと元気に、この本を読んで前向きになることができました。ありがとうございました。犬大好きの私にこの本のタイトルはぴったりでした。今どき携帯も持たない私は、ブックサービスへ葉書注文をし、届くまで首を長~くして待っていました。私は本を読むのが遅いほうなのですが、この本は“うん、わかる。そう、そう!”と、あっという間に読んでしまいました。
私の犬大好きは、私が記憶にないまだ幼い頃からで、両親も犬好きで、当時は車庫につないでいたようで、その子に私は毎日、クマのぬいぐるみをおんぶして、ぬいぐるみを見せるんだと、雨の日も雪の日も会いにいっていたそうです。私が小学生になってからはずっーとわんことの暮らしの日々でしたが、昨年のお正月以降、残念ながら愛犬のいない寂しい生活を送っています。
1996年に捨てられていて拾った子と、それから5年後また1頭を拾い、2頭飼いの頃は、とにかく大騒動で毎日とてもとてもおもしろおかしく幸せな日々でしたが、今は新しい出合いがなく寂しい生活です。この本を読むまでの約1年間は、ずっーとモヤモヤしていた私の心が、この本のおかげで、すっきり。また縁があった子と楽しい生活を……と夢見るようになれました。
1年間モヤモヤしていたのは、昨年亡くなった子は、獣医さんに通っても原因不明でとても苦しんで亡くなったので、ずっーとかわいそうで、こんなつらい思いをするのなら、もう大好きなわんことの生活は二度としない……と思っていたので、この本と出合えて、本当に感謝です。ありがとうございました。
この本は、大切な宝物本となりました。犬大好きの私や、みなさんのために、また犬についての本を書いて下さい。ぜひまた読みたいです、待っています。
貴社の図書目録を希望致します。よろしくお願い致します。



あの世のイヌたちが教えてくれたこと

あの世のイヌたちが教えてくれたこと


  1. あの世のイヌたちが教えてくれたこと

翻訳してくださり本当にありがとう(沖縄県 女性 53歳)

今年、愛犬(雑種)を亡くし、保護団体でボランティアをしている時にこの本を紹介されました。この本に出合えた事とても感謝しています。
言葉が通じず、疑問に思っていた事など、すべてこの本の中に答えがありました。
昨年、愛猫も亡くし、心の中はいつもシトシト雨が降っていましたが、本を読み少しずつ晴れていきます。
著者KATEさんも素晴らしいですが、「あとがき」の三早江さんにも感動しています。この本を訳してくださり、本当にありがとうございました。
ところで、私の実家は、池袋ルーテル教会の近くです。そんな縁も感じ、ペンを執りました。これからも応援しています。遠い遠い沖縄より。


あの世のイヌたちが教えてくれたこと

あの世のイヌたちが教えてくれたこと


  1. あの世のイヌたちが教えてくれたこと

かなり心が軽くなりました(鹿児島県 女性 62歳)

昨年5月に8才9ヶ月のブルドッグ(メス)を亡くし、9ヶ月経った今もペットロス状態です。
職場の人間関係て“うつ”になり、死にたくて一年休職して、犬を飼いました。
子どもの時から父が大の犬好きで、3匹が代わる代わる居ました。
3ヶ月で私とふたりの生活が始まり、ずっと私を見守り続けてくれ、職場復帰もできました。
自分では、精一杯やったと人に言われても、まだまだ……と思っています。
自分の「セラピーの役目」を終えたんだ、と聞かされても、また一人になった淋しさが……。
この本にも書いてある『虹の橋』も知っていました。かなり心が軽くなりました。淋しいけどいつも近くにいてくれていると思うので、幸せです。

あの世のイヌたちが教えてくれたこと

あの世のイヌたちが教えてくれたこと


  1. あの世のイヌたちが教えてくれたこと
ハート出版
児童書、健康書、スピリチュアル等の書籍を発行しています。

ハートブック

Author:ハートブック
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
リンク集2
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。