ハート出版 読者の声

ハート出版 読者の声トップ > 世界史から見た日清・日露大戦争

日本は世界で唯一、人種差別をしない和の国(千葉県 男性 73歳)

戦後一貫して行われてきた自虐史観が、米国の洗脳であることがよく判った。先人達が創ってきた日本は世界で唯一、人種差別をしない和の国であることが分かった。真の日本を後世に伝えていきたい。

戦争犯罪国はアメリカだった
戦争犯罪国はアメリカだった


  1. 世界史から見た日清・日露大戦争

西洋の人種差別と軍国主義に勝利した輝かしい記録(宮城県 男性 88歳)

多くの文献のもとに正しい記録を完成され素晴らしい歴史書と存じます。多くの人は『坂の上の雲』を本当だと誤解していると思います。何と言っても西洋の人種差別と軍国主義に勝利した輝かしい記録と存じます。著者、出版社に感謝します。

世界史から見た日清・日露大戦争
世界史から見た日清・日露大戦争



  1. 世界史から見た日清・日露大戦争

日本人としてのホコリを感じた(大分県 男性 79歳)

世界の歴史から日本の進んだ道を詳しくヒモトキ、大戦に至ったいきさつを記されており、目からウロコが落ちる思いで読ませていただきました。日本人としてのホコリを感じました。

世界史から見た日清・日露大戦争
世界史から見た日清・日露大戦争


  1. 世界史から見た日清・日露大戦争

清・日露戦争の世界史的な意義がよくわかる(京都府 男性 72歳)

吉本貞昭氏の本を愛読しています。西欧列強による植民地支配を崩壊させたことによって、次々と独立を達成していったアジア・アフリカ・アラブ諸国。とりわけ日清・日露戦争の世界史的な意義が本書を読んでよくわかりました。

世界史から見た日清・日露大戦争
世界史から見た日清・日露大戦争


  1. 世界史から見た日清・日露大戦争

図書館にこの種の書籍は皆無(男性 77歳)

この様な書籍が書店にあまりない。注文した。
小生の住んでいる市の図書館には、この種の書籍は皆無です。(図書館にリクエストしても入って来ない)。戦争は悪、平和が大事、日本は侵略国家、という種の本ばかり。
小生が図書館に寄贈した本は3冊共、書架には出されてない。何故なら、労組、教組が強く、市長も革新系で、20年ほど革新系が連続です。このままでは、我が市は誤った教育を受けるでしょう。


世界史から見た日清・日露大戦争
世界史から見た日清・日露大戦争


  1. 世界史から見た日清・日露大戦争

アメリカに注意して、安倍総理にはしっかり領土交渉を(富山県 男性 47歳)

ロシアと聞いて、現代日本人が思い浮かぶのは、まず北方領土問題だろう。先の大戦で伯父をソ連との戦いで亡くした私などは特にそうである。
自民党初代総裁で後に総理大臣となった鳩山一郎総理が歯舞・色丹の二島返還で解決しようとした時、横ヤリを入れてきたのはアメリカです。戦後70周年目の今年もアメリカに注意して、安倍総理にはしっかり領土交渉をして頂きたい。



世界史から見た日清・日露大戦争
世界史から見た日清・日露大戦争

  1. 世界史から見た日清・日露大戦争
ハート出版
児童書、健康書、スピリチュアル等の書籍を発行しています。

Author:ハートブック
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
リンク集2
RSSリンクの表示
QRコード
QR