ハート出版 読者の声

ハート出版 読者の声トップ > ココダ―遙かなる戦いの道

日本人として感無量(大阪府 男性)

このような戦記がオーストラリア国民に感動を与え、広く受け入れられた事に日本人として感無量です。著者や制作スタッフ、その他制作に関わった全ての方々に感謝申し上げます。


ココダ―遙かなる戦いの道
ココダ―遙かなる戦いの道


  1. ココダ―遙かなる戦いの道

塚本大隊長、知らない父親の一面を知った(神奈川県 男性 76歳)

塚本初雄大隊長の三男です。最近になってこの本を知り、周りの知人に何冊か買ってもらいました。父親が随所に出て来て、知らない父親の一面を知りました。
高知の兵隊さん達が戦後、大分に何回も何回もお墓参りに来てくれたことを憶えております。本当にこの本、有難うございました。

ココダ―遙かなる戦いの道
ココダ―遙かなる戦いの道

  1. ココダ―遙かなる戦いの道

映画化してほしい(長野県 男性 36歳)

私が中学までお世話になっていた内科の先生は、元軍医の先生でした。ポートモレスビー作戦に従事し、たくさんの兵隊さんが死んだことを話して下さいました。祖母も戦場での人肉食のことをよく話していました。
今となっては直接聞くことはできませんが、先生を思い出しながら読ませていただきました。
日本でも映画化し、多くの日本人に見てもらいたいと思います。今後の体験記を読み続けていきます。


ココダ―遙かなる戦いの道
ココダ―遙かなる戦いの道


  1. ココダ―遙かなる戦いの道

従軍僧侶の大叔父がギルワで戦死(高知県 男性 50歳)

私の大叔父が昭和17年12月13日、ギルワに於いて戦死して居ります。
母の記憶では17年3月に召集され、ニューギニアに出征されたとのことですが、此の本では少し時間軸がズレている様に思います。
母の記憶違いもあるかもしれませんが、大叔父は従軍僧侶であった様です。
著者の方が取材等で従軍僧の事でお聞きになっておれば、詳しく知りたく思います。


ココダ―遙かなる戦いの道
ココダ―遙かなる戦いの道


  1. ココダ―遙かなる戦いの道

両者の視点で描いた良書(東京都 男性 66歳)

貴重な記録です。両者の側から書けているのが良い。今の日本では、反日的に書くのが流行している(特に反日本軍的に記す)。詳細・客観的に記されているのも良い。高砂族のことについては『証言 台湾高砂義勇隊』(草風館)に少し触れられていました、参考までに。



ココダ―遙かなる戦いの道
ココダ―遙かなる戦いの道


  1. ココダ―遙かなる戦いの道

戦争のリアリティが十分に表現されている(千葉県 男性 60歳)

感動のノンフィクションである。戦争のリアリティが十分に表現されており、過去の事実に驚くばかりである。仕事上で豪州人と付き合うことが多く、ココダが話題になったこともある。是非とも日本語版DVDを見てみたい。機会があればパプアニューギニアに行ってみたい。



ココダ―遙かなる戦いの道
ココダ―遙かなる戦いの道


  1. ココダ―遙かなる戦いの道

魂の救いを願うのみ(栃木県 男性 64歳)

日本の進撃を妨げた一連の戦いは、飢えと病気との戦いでもあった。とても心が痛い。司令者の誤った判断の重さが感じられる。平和がいつまでも続くように祈り、魂の救いを願うのみである。

ココダ―遙かなる戦いの道
ココダ―遙かなる戦いの道


  1. ココダ―遙かなる戦いの道

懐かしい(京都府 男性 91歳)

私も南方で軍隊生活をしておりますので、なつかしさがあります。


ココダ―遙かなる戦いの道
ココダ―遙かなる戦いの道


  1. ココダ―遙かなる戦いの道

涙なしには読み進めることができない(静岡県 男性 83歳)

あまりにも悲惨な現実に、涙なしには読み進める事が出来ませんでした。今の政治家たちは実に情けない、反省して欲しいと思います。


ココダ―遙かなる戦いの道
ココダ―遙かなる戦いの道


  1. ココダ―遙かなる戦いの道

すごい戦いです(千葉県 男性 60歳)

すごい力作で感動しました。今まで南海支隊の事は少しは知っていましたが、転進後はただ追いまくられたと思っていました。すごい戦いです。(私の父も硫黄島の生き残りで、何度も遺骨収集に行っていました)


ココダ―遙かなる戦いの道
ココダ―遙かなる戦いの道


  1. ココダ―遙かなる戦いの道
ハート出版
児童書、健康書、スピリチュアル等の書籍を発行しています。

Author:ハートブック
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
リンク集2
RSSリンクの表示
QRコード
QR